RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
有馬記念の青写真
有馬記念(G)の青写真
中山芝2,500m

さて今週はグランプリレース有馬記念。2006年のターフを沸かせた馬たちが、今シーズンを締めくくる。そして、無敗での三冠達成や凱旋門賞への挑戦と、たくさんのドキドキを与え続けてくれた「ディープインパクト」の引退レース。
引退レースといえば、これまで数多くの名馬が、有馬記念を最後にターフを去っている。有終の美を飾ったところでは、「オグリキャップ」「シンボリクリスエス」。ともに次代を担う3歳馬を引き連れてのゴール。一方、「テイエムオペラオー」「ゼンノロブロイ」は失速した。さてさて「ディープインパクト」は・・・・。

中山競馬場の芝2,500mコースを舞台とする有馬記念。コーナーが多く、ラストの直線が短いコース形態のため、先行馬が優勢である。また馬場状態も開催4週目となり荒れてくる頃で、最後の坂も手伝って、なかなかタフなレース展開となる。毎度のこと例えが古くなりますが、イメージとしては、「メジロパーマー」や「タップダンスシチー」の逃げ残り、「ダイユウサク」の最内抜け出し、「リンカーン」の4角先頭などなど。そして「ディープインパクト」の国内唯一の敗戦となった昨年の有馬記念勝ち馬「ハーツクライ」も、みんなビックリの位置取り3番手からだった。

「ディープインパクト」のローテーションは、夏休養の後、凱旋門賞3位入線、ジャパンカップ快勝での理想的な叩き3戦目。最後方からレース展開はいつものことで、あとは、2番手が予想される「ダイワメジャー」による3〜4角でのペースアップに対応し、まくりきれるか。
先行勢の「ダイワメジャー」は2,500mの距離が鍵となるが、日本ダービー(6着)のレース振りや皐月賞を制した中山コースであれば、末脚の切れ味比べにさえならなければなんとかなりそう。毎日王冠、天皇賞秋、マイルCSのレース運びを期待。他にも先行勢では、オーストラリアG祇覇「デルタブルース」のロングスパート、「コスモバルク」の粘りこみも侮れない。
3歳馬からは「ドリームパスポート」「メイショウサムソン」。どんな条件でも結果を出してきた「ドリームパスポート」であるが、先行勢に有力どころが多い今回は、皐月賞のような最内からの抜け出しといった具合に、コースロスを最小限に止めることができるか。枠順次第。適性という点では「メイショウサムソン」の方に分がありそう。こちらは体調次第。

ほかにも魅力的な馬たちばかりなので、ゆっくり検討したいと思います。

いよいよラストラン!!
  きのこグリーン人気ブログランキング
  きのこブルー競馬ブログ
  きのこオレンジ競馬予想ランキング
author:ちけぼう, category:青写真, 23:59
comments(0), trackbacks(0)
天皇賞(秋)の青写真
天皇賞(秋)(G)の青写真
東京芝2,000m

天皇賞・秋の陣。府中を舞台に伝統の盾を目指す戦い。「ディープインパクト」の参戦はなくなったが、歴戦の古馬と3歳馬が揃い、伝統の一戦にふさわしいレースとなりそうだ。まあその分予想が難解であるが、頑張って検討しますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。

さて、天皇賞(秋)の舞台となる東京2,000m。ここではスピードのある馬を狙いたい。いつも大昔のことを例にするのであるが、安田記念を連覇しスプリンターズS2着もある「ヤマニンゼファー」のイメージ。
天皇賞(秋)へのステップレースとしては、例年有力馬の秋緒戦となる毎日王冠、京都大賞典、オールカマー。それから直行組が活躍している札幌記念。当然これらのレースでの好走馬が中心となる。

まず毎日王冠組では、1着「ダイワメジャー」、2着「ダンスインザムード」。いずれもマイル戦線で活躍しているが、「ダイワメジャー」に関しては、皐月賞勝ちやタフなレースとなる東京芝1,800mの前走毎日王冠勝ち、力のいる阪神や中山での好走振りから、本質的にはスピード系東京2,000mは合わないのでは。天皇賞2着・3着の実績が示すとおり「ダンスインザムード」の方に適性がありそう。
次に京都大賞典組では、長期休み明けで快勝した「スイープトウショウ」。超スローペースの上がり勝負の競馬とはいえ、すさまじい末脚は健在。安田記念2着の実績もある。
そしてオールカマー組は、G祇覇が悲願の「バランスオブゲーム」「コスモバルク」。力勝負の中山2,200mでの好走ということもあり、今回は分が悪いか。
最後に札幌記念からは、菊花賞へは行かず中距離G気望判爐鯆蠅瓩討た「アドマイヤムーン」。本番では人気を集めそうであるが、有力馬に5歳以上が多いところ、こちらは生きの良い3歳馬。札幌記念からの直行馬の成績も良い。

いずれにせよ、昨年みたく展開に大きく左右されるのが競馬。
他にも魅力的な馬が多いので、これからゆっくり検討していきたいと思います。

秋の夜長に「競馬予想」。参考となる情報はこちら
  きのこグリーン人気ブログランキング
  きのこブルー競馬ブログ
  きのこオレンジ競馬予想ランキング
author:ちけぼう, category:青写真, 00:15
comments(0), trackbacks(0)
秋華賞の青写真
秋華賞(G)の青写真
京都芝2,000m

いよいよ三歳牝馬限定のG汽轡蝓璽困癲⊇華賞が最終戦。桜花賞とオークスでの上位馬が顔をそろえそうだ。

都合の良い青写真
秋華賞創設直後や前身エリザベス女王杯時代は荒れるレースの代表格であった。「タケノベルベット」「ティコティコタック」、大昔では「ノアノハコブネ」。ただ01年の「テイエムオーシャン」以降、桜花賞やオークスでの活躍馬による連対におさまっている。先に述べたように桜花賞とオークスの上位馬が出走してくる今回も、ここ数年の傾向を重視してもよいのでは。

都合の良い青写真
秋華賞ではトライアルレースのローズS組が好走している。今年の有力馬のステップとしては、当然ローズSが多いのであるが、桜花賞馬は菊花賞トライアルのセントライト記念、そしてオークス馬は休み明け、それからアメリカンオークス帰りとなかなか多彩である。また、ローズSは例年阪神開催であるが、改装のため今年は中京開催。こんなとこから、春の上位馬同士の決着になるにしても、順番は入れ替わる可能性があるのではなかろうか。

女心は難しいものです。ましてや三歳牝馬の心なんて。難解です・・・。

ランキングへのご協力をよろしくお願いします。
  きのこグリーン人気ブログランキング
  きのこブルー競馬ブログ
  きのこオレンジ競馬予想ランキング
author:ちけぼう, category:青写真, 00:10
comments(0), trackbacks(0)
日曜日に向けて
毎日王冠と京都大賞典

毎日王冠には、天皇賞(秋)若しくはマイルCSを目標とする馬たちが集結。G汽曄璽坑尭が登録している。タフな東京1,800mでスピードも必要。ダイタクヘリオスやシンコウラブリィ、ネーハイシーザー、サイレンススズカといった馬たちの勝利したシーンが印象に残っている。(ちょいと古いか)

京都大賞典はステップレースというよりも、ここが本番といった馬たちが登録してきた。その中で、昨年のエリザベス女王杯勝ち以来のレースとなるスイープトウショウに注目。スイープトウショウにとって京都コースは、秋華賞とエリザベス女王杯を勝利した相性の良いコースである。
昔は鉄板傾向にあった京都大賞典も、実績面でスイープトウショウが抜けてはいるが、混戦模様である。
author:ちけぼう, category:青写真, 00:40
comments(0), trackbacks(0)
スプリンターズSの青写真
スプリンターズS(G)の青写真
中山芝1,200m

いよいよ秋のG祇鐇がスタート。第1弾は電撃の6ハロン戦「スプリンターズS」。今年から晴れて国際G汽譟璽垢貿定された。例年に比べ強力な4頭の外国馬を、12頭の日本馬が迎え撃つ。

枠順発表後、出走馬を確認。当然、短距離路線で活躍している馬たちが勢ぞろいしているのだが、すべての馬に何らかの不安材料があるといった印象。ここ数年のスプリンターズSは、「ビリーヴ」「デュランダル」「サイレントウィットネス(今年も出てきているが)」といった絶対的な主役がいたのだが。
昨年の覇者「サイレントウィットネス」の無敵な強さは影を潜めているし、サマースプリント初代チャンピオン「シーイズトウショウ」は連戦と中山遠征に不安が残るといった具合に・・・。とても難解なレース。

スプリンターズSでは、後方からの差し馬・追込み馬が活躍している。特に施行時期が12月から10月に変更されてからは、その傾向は顕著である。距離適性は距離実績や血統面で、純粋なスプリンターよりもマイルあたりでの裏づけが欲しい。
サマースプリントシリーズの勝ち馬「ビーナスライン」「チアフルスマイル」は、強烈な追い込みが武器である。枠順が最内枠と大外枠なので、覚悟を決め追込みに徹したレースができる。嵌ればおもしろい。
セントウルSのワン・ツー「シーイズトウショウ」「テークオーバーターゲット」は好位で流れに乗る。坂のある中山コースの直線が課題。
春のスプリント王「オレハマッテルゼ」は安田記念以来。最近安田記念以来の出走馬は比較的活躍しているが負けすぎの感があるのと、右回りの適性はどうか。
「サイレントウィットネス」は今年になって勝ち星はないが、1,200mでは3着、1,400mでは安田記念3着「ジョイフルウィナー」の2着。昨年のハイペースを好位から抜け出した能力はあなどれない。
決着は、追込み馬を中心に先行馬との組み合わせになりそうな。。。
author:ちけぼう, category:青写真, 23:07
comments(0), trackbacks(0)